楽鯖在住っぽい詩人。歌は下手だし楽器も弾くのも下手。詩人辞めたほうがイイね!             


by sakuyama2005jp

今日の

お題は


外人さ~んいらっしゃ~い   です

なぜ外人さんがお題なのか、昨日の経緯を説明



赤魔6才を西サルタで上げようとしたところ

チョップしあうぐらい仲の良いスローズ君発見

いつものように「あそぶべ~」と誘ったところ

あっさり「レベル差があってむり」だそうです

そんなやりとりをsayで容赦なく、くっちゃべってると、そこに

「HELLO!」と外人さんが出現

いつもならめんどくさくてスルーなんですが、この日はなぜか

元気に「Hello!」と返してしまった

しかも自己紹介までなぜかしてました



そんなこんなで外人さんはなぜかPT希望だしてます




いつもならめんどくさくてスルーなんですが、この日はなぜか

元気に「GO!」と言ってしまった

しかもこっちから誘ってました





 
なんだかよくわからないテンションで狩りを開始

俺のテンションが高いのか、ただのあふぉなのか(たぶん後者

「うきゃーーんdfksklじぇw」「モンゴル、モンゴル、モンゴル」などと

リアルなら間違いなく警察のおせわになりそうな奇声を発しながら

いもむしくんに突っ込む!











はい、「つよ」でした

はい、ぼくがわるいんです




へっぽこ昇天、外人さんも少し遅れて昇天



LSのみんなさんには「しんだ~」とか言っていかにも外人さんが、悪い風に

言ってましたが、はい、ぼくがわるいんです はい、最低です、



死んでウィンに戻るおれ、少し遅れて死んでウィンに戻る外人さん

西サルタへの出口でまた再開

いつもならめんどくさくてスルーなんですが、この日はなぜか

元気に「Let`s go!」と言ってしまった



また狩りヘ、今度は「調べる」を忘れない様にと心のなかで誓い

きちんと調べながら「丁度」を乱獲


言葉とゆう壁があったものの丁度のゴブがリンクして撃破したときなどは

「good job」と誉めると「チームワークが良かったんだよ^^(注:英語で」

と異文化コミニケーション的感動などありました。

その外人さんはなんだかいつもニコニコ(そうみえるような)していて

とても人懐っこくって、いい外人さんでした

全然レベルは上がらなかったけど、なんだかとても暖かい気持ちにはなったかな

んで、解散した後、競売前へ行くとスローズとハルポソ二匹がとぐろを巻いてたむろ

そしてハルポソのよくわからないボケにドットつかれを感じ

その日はログアウトしたのでありました


~まとめ~

FFをまたはじめて少しぼくには不安があったのかもしれません。

その不安の1つは外人さん

低レベル帯が多いと聞いていたのもあってなおさら不安だったのでしょう

それとあまりイイ評判を聞かないのも事実

そんな評判に左右されてしまう自分がいやで、もしかしたら外人さんとPTを組んで

検証してみようと思ったのかも?と自己分析

結果的にはすごくためになったな~と思う一日でした 


例えるなら「安土桃山から現代にタイムスリップしてきたオランダ宣教師」

もう結構宣教されてるな~教会とか結構あるしな~地元かえるか~みたいな


ぐだぐだですいません、生きててすいません、
[PR]
by sakuyama2005jp | 2006-02-07 16:31 | FF11日記