楽鯖在住っぽい詩人。歌は下手だし楽器も弾くのも下手。詩人辞めたほうがイイね!             


by sakuyama2005jp

ヴァナでの一コマ



なんていうか、

人って思い込みってあると思う。

例えば

あの人はこうだ!って思っていたら

実際はこうっだった。とか


うーんと例えがパッとしない。


ていうか、例えにもなっていない。



僕の最近仲良くしてもらってる王君(仮名)

彼のメインキャラは、かの有名なハゲガルカだ。


「なぜそのハゲガルカにしたのか?」と問うと、


「かっこいいじゃないすっか。」と返ってきた。



FF11のハゲガルカのポジションはなにかネタ的な要素が多い気がする。

しかし彼は純粋にハゲガルカをチョイスしている。

ちなみに彼は超がつくくらいのFF11初心者だ。



そんな彼のハゲガルカはネタの要素が微塵もないロールプレイを楽しんでいる。

大変素敵な奴だ。(これは本当に)



この前彼と遊んだ時、

彼のフェローを交えて遊ぼうという事になった。


僕はこの時、

彼にも言っていたのだが「王君のフェロ子楽しみだーなー」と言っていた。


そう、フェロ子を凄い楽しみにしていた。



ハゲガルカキャラは濃いし、

きっとブリブリのナイスバディのフェロ子が来るに違いないと。

王君のフェロ子にどんなセクシャルハラスメント行為を施してやろうか。げへへへ

などと、考えていたのだ。





しかし

それは本当に思い込みだったのだ。



こちらを見て頂きたい。


f0057475_2050139.jpg

f0057475_20501899.jpg

f0057475_20503468.jpg

f0057475_21215662.jpg






彼は「僕の弟です^^」と素で僕に紹介してくれた。




僕はこの時の一言は「ちょ!!!!!お前濃いなぁ・・・少し小さいガルカかよOrz」
[PR]
by sakuyama2005jp | 2006-08-15 21:06 | FF11日記