楽鯖在住っぽい詩人。歌は下手だし楽器も弾くのも下手。詩人辞めたほうがイイね!             


by sakuyama2005jp

あつーい



あつい


あつーい


あつーーい


なんだーーー


なんの修行だーーー


これはなんの苦行だーーーー


いつから俺は修行僧になったんだーーーー









俺の暑さは、たぶん


世界ランキングに入るんじゃなかろうか?ってくらい暑い



住んでる所はそれほどまで気温は高くありません。

せいぜい24℃~27℃くらい?


でもねーおれのねー職場ーーー


いわゆる厨房ー(あの厨房じゃねーぞ!)

あそこがねー

ヤバイ事になってる。


いや、なっちゃってる。


ううん、なりすぎちゃってる。



このやろう。



いまいち排気が悪いだけなのか、

いまいち換気扇の調子が悪いのか、

いまいち換気扇の野郎がやる気ねーのかしらねーけど。

とのかく暑さがこもる、こもる

暑さのニート化が現在職場の問題。

暑さが引き篭もりしちゃいかんですよ。


そして、

忙しい日になると、

体を沢山動かす。→ガス(火)を沢山つかう。→全身燃える。

の三連携で、お願いします。MBは核熱なので黒さんファイアお願いします。

です。

因みに現在の厨房の温度35℃~40℃デス(死)




そんな暑さになると「あの頃」がフラッシュバックする・・・



そう、あの頃

おれは若かった。

何も持たず、何も考えず、

ただただ勢いしかなかったあの頃、


地元を飛び出し、右も左もわからない小僧が、

大都会東京に飛びこんだ。


あの中野の家賃3万のボロアパート。

冬でも蚊がいた。

いまでも有るだろうか?


そして、夏はクーラーが無かった。


ひたすら暑さとの闘い。


東京の暑さを舐めていた若造は


東京の厚さ、熱さ、暑さにコテンパンに打ちのめされた。


あの頃が今じゃ懐かしい

いまの自分はあの頃が原点ではないだろうか。

遠い地の暑い夏の日々は一生忘れないだろう。











ってなにフラッシュバックしちゃってんだよーーーーーーー(欽ちゃん風)

さて、

FF話しまーす。


サポ用のために最近は白を上げました。

先週の日曜も時間がガッツりとれましたので、

白lv12→lv20にしやがった。

ちょっとやりすぎた。


まーこれでね、

詩人をある程度専念できそうですね。

40まではノンストップで行こうと思っています。


現在詩人はlv23です。

すんごくバラードが楽しみです。

SSも沢山溜まってるので頑張ってUPしてーな(主にプリケツSS)


いつもグダグダですいません。

ではチャーオ
[PR]
by sakuyama2005jp | 2006-08-09 18:16 | FF11日記